Monthly Archives: 3月 2018

お魚と玉ねぎで血液がサラサラに

長年健康ブームが続いていますが、血液がドロドロでは血栓が出来やすく、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる重大な疾病に繋がることは多くの人が知っていることではないでしょうか。そのため毎日の食事の中で、血液をサラサラにする効果を持つ食材を積極的に取り入れていくことが大切です。そのような働きを持つ食材として多くの人が思い浮かべるのが玉ねぎだと思いますが、玉ねぎには血液中のコレステロール値を下げる働きや、血栓を出来にくくする作用があります。更に老化やがんの原因物質とも言われる活性酸素を中和する抗酸化物質も豊富に含まれていますので、嬉しい働きをたくさん持っている食材です。更にお魚の中でも特にイワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれているDHAやEPAも血液をサラサラにする効果があります。DHAには血管の弾力性を高める働きがあり、EPAには血栓を作りにくくする働きがありますので、魚を食べる際は青魚を意識的に摂取するようにしましょう。